お知らせ

台湾で開催された生命工学関連国際学会で上野教授が発表

2019-08-17

2019年8月17日、本学の上野仁教授が台北市の国立台湾大学で開催された「The 9th WACBE 2019 World Congress on Bioengineering」(生命工学国際会議)で学会発表をしました。発表内容は、「Wear-free biosignal sensing method using a piezoelectric sensor and its application」(圧電センサを用いた非拘束型の生体信号取得方法とその応用)で、センサの性質や生体信号の起源について多くの質疑がありました。

また、上野教授はM.S.Ju博士と共にこのセッションのco-chairを務めました。

本学では教育だけでなく研究にも力を入れており、今後も様々な学会活動を推進していく計画です。