お知らせ

陳准教授が国際会議IEEE CyberSciTech2019にて学会発表

2019-08-07

2019年8月5日から8日まで、福岡(博多)の九州産業大学と日航ホテル福岡で開催された国際会議「2019 IEEE International Conference on Dependable, Automatic and Secure Computing (DASC), Pervasive Intelligence and Computing (PICom), Cloud and Big Data Computing (CBDCom), and Cyber Science and Technology Congress(CyberSciTech)」で、本学の陳准教授が研究成果を発表しました。

CyberSciTechは毎年開催されるIEEE(米国電気電子学会)サイバー・サイエンス技術に関する国際会議です。これまでに、ニュージーランドのオークランド(2016年)、米国のオーランド(2017年)、ギリシャのアテネ(2018年)と開催され、本年(2019年)は日本の福岡で開催されました。科学者、研究者、エンジニアがサイバー関連の科学、技術、およびアプリケーションのトピックの幅広い範囲で最新のアイデアや進歩を共有できる共通のプラットフォームを提供することを目的としています。

陳准教授は高齢者の生活支援のための分散型ユビキタスセンシングヘルスケアシステム研究について発表しました。参加された専門家の方より多くの意見・コメントが寄せられ今後の研究活動に活かされるそうです。

また、陳准教授は本会議でIoTonFEC (the Impact of Internet of Things on the Future Elderly Care) セッションのGuest Editを担当、さらに、CyberIoT と IoTonFECのセッションチェアを担当するなど活躍し、Outstanding Leadership Awardを受賞しました。

本学では教育だけでなく研究にも力を入れており、今後も様々な研究、学会活動を推進していく計画です。