お知らせ

平田講師が日本語教育学会で漢字研究のポスター発表

2017-05-22

日本語教育学会春季大会で、平田講師が「漢字の提示法の違いによる学習効果の検証-ひらがなを用いた語彙先行学習と漢字同時学習の比較」をテーマにポスター発表をされました。非漢字圏日本語学習者の漢字学習に焦点を当てた研究で、多くの日本語教育機関関係者の方々が参加され活発な意見交換ができたそうです。今度も、非漢字圏日本語学習者を対象に、中級以降の漢字学習の負担が少しでも軽減できる漢字の提示法や学習法について研究を進めて行かれるそうです。