お知らせ

キャンパス周辺散歩たより(浅草ほおずき市)

2011-07-12
7月9日(土)、10(日) 浅草寺で夏の風物詩「ほおずき市」がありました。
編集局も早速取材に。 上野キャンパスの近辺は「江戸」がいっぱいですねー。
江戸時代享保年間(1716~36)頃より7月10日を「4万6000日」と呼ばれるようになり
その御利益は4万6000日分に相当するといわれるようになりました。
この縁日にほおずき市が開かれます。

 


どこのお店も一律2500円。風鈴500円。値段の由来は不明でした。

ほおずき(赤唐辛子も売られてた)は昔、薬用にしてたそうです。
さあ、梅雨も明けました! 暑い夏がやってきましたネ。楽しい!
(取材は、編集局の夏男 でした。)