出前授業・公開講座

出前授業

平成28年度 第一工業大学 高校出前授業

(開催日時は随意、時間は50分程度)

出前授業の申し込みは、「 出前授業申込み入力フォーム」からどうぞ。

 

担当教員: 渡辺 哲 教授

≫ プロフィールはこちら

『21世紀-第三次産業革命と世界と企業-』
講座内容
18世紀末に起こった第一産業革命、その後の第二次産業革命を科学・技術・社会の観点から考察し、そして21世紀から始まろうとしている第三次産業革命の内容を予想し、その時の企業や社会の在り方を考察する。
『科学者・技術者とは?-』
講座内容
科学者・技術者の歴史を第一産業革命、第二次産業革命を通して考察し、そして21世紀から始まろうとしている第三次産業革命の内容を予想した上で、その時の研究者や技術者の在り方を考える。また、企業内における研究者やエンジニアに期待される能力や可能性等についても考察する。
『光の世界を科学する。-光ディスクの原理や新たに発見された光のしずくの話-』
講座内容
半導体レーザーや光ディスクシステムの原理を紐解くことにより、最新の光技術を紹介する。また、従来の伝搬する光のほかに、「光のしずく」といわれる近接場光やそれを効率的に発生できるナノテクを用いたプラズモン共鳴デバイスの原理とその新規応用例等、最先端技術の紹介もおこなう。

↑ページのトップへ

担当教員: 原 吉伸 教授

≫ プロフィールはこちら

プロジェクトマネジメントとは・・・
講座内容
プロジェクトとは、ある目標を達成するためにさまざまなメンバが集まり、一定の期間内に、チームを組んで活動を行うための企画とその実行のこと。そのプロジェクトが成功を収めるようにマネジメントを行う。新しい製品を開発するためのプロジェクトや、売上高を2倍に増やすためのプロジェクト、オリンピックを成功させるための国家プロジェクト、コンピュータシス テム開発プロジェクトなど様々なタイプのプロジェクトがあり、そのマネジメント手法の一部を紹介する
ベンチャービジネスとは・・・
講座内容
現状を打破し、新しい発想と抜群の行動力で、新しいビジネスを創造することが求められている。インターネットや携帯端末が普及し、若者にも大きなチャンスがある。
しかし、ひとに握りの成功の裏にはその何倍、何十倍もの失敗事例がある。ベンチャービジネスの事例、起業家としての要件、必要な知識と知恵などを紹介する

↑ページのトップへ

担当教員: 上野 仁 教授

≫ プロフィールはこちら

コンピュータネットワーク・・・家庭のLANからクラウドまで
講座内容
毎日なにげなく使っているパソコンやスマートホン。いったいどういう仕組みで、見つけたい情報にこんなに素早くたどりつけるのでしょう。メール、インターネット電話、動画配信はどうなっているのでしょう。クラウドと呼ばれる仕組みはどのようなものなのでしょう。基本的な仕組みを解説します。
コンピュータアーキテクチャ・・・コンピュータが働く仕組み
講座内容
コンピュータというと何を想像するでしょうか。パソコンでしょうか?現代ではありとあらゆるところにコンピュータが入っています。スマホや携帯はコンピュータそのものと言っても良いくらいですし、冷蔵庫や洗濯機、エアコンなど家電製品や自動車のような製品にもコンピュータが内蔵されています。そんなコンピュータ、いったいどういう仕組みで仕事をしているのでしょうか。分かりやすく解説します。

↑ページのトップへ

担当教員: 建宮 努 准教授

≫ プロフィールはこちら

10年後になりたい自分になるためのミニ人生設計講座
講座内容
将来なりたい自分を明確にして、同じ方向を目指す人たちとの競争に勝てるように計画を立てると、半分の5年くらいでなりたい自分になれます。本講座では、MBAなどで学ぶ経営戦略策定プロセスを活用して、自分自身の経営計画を立てるコツを伝授します。
60分でわかる英文財務分析
講座内容
グローバル化が進む今日のビジネス社会でチャンスを掴むためには、まず経営数字に強く、数字をもとに会社を分析できることが大変有効で、英語でもわかればさらにチャンスが増えます。本講義では、英語と日本語の両方で会社のざっくりした分析の仕方がわかるよう、図解でわかりやすく伝授します。
人生と恋愛とビジネスに役立つ講義
講座内容
人生をスイスイと進んでいく人と、なかなか思うようにならない人には、ちょっとした考え方の違いや、視点の違いがあります。本講義では、多くのビジネスパーソン受講生を幸せにしてきた講師が、人生や恋愛やビジネスに役立つさまざまな成功事例ノウハウについて、楽しくご紹介いたします。

↑ページのトップへ

担当教員: 衣川 功一 准教授

≫ プロフィールはこちら

人々の生活に欠かせない情報システムはどんなモノ?
講座内容
情報システムは、私たちの生活に無くてはならないものになっており、人々の暮らしの様々な場面で活用されています。私たちは一日の生活の中で何度も情報システムに触れています。身近な例を通じて、情報システムのからくりを考察しましょう。
情報化によって私たちの生活はどの様に変わったのでしょうか?
講座内容
昔から、農業の時代は土地や農作物が中心、工業の時代はモノを製造し流通させる事が社会の基本と言われています。そして、情報・知識の現代は、情報通信技術もとに様々な知恵、ノウハウを駆使した新しい世界が実現しようとしています。
クラウドコンピュータって何のこと?
講座内容
ICTの進展で、コンピュータや通信の高性能、高速化が進み、今まで個々に使っていたコンピュータを一か所に集めて大勢の人々で共同利用する技術が確立しました。LINEやfacebookを代表とした共同利用型の巨大な情報システムが実現しました。

↑ページのトップへ

担当教員: 木下 和歩 准教授

≫ プロフィールはこちら

日々の暮らしを支える隠れたコンピュータの世界
講座内容
コンピュータはパソコンやスマートフォンだけではない。電卓・扇風機といった家電製品や自動車にもマイコンという小さなコンピュータが使われています。コンピュータの仕組みを写真や図を使ってわかりやすく解説し、家電製品で働くマイコンがどのように動作しているのか?簡単なボードコンピュータにスイッチやLED・ブザーなどを付けてソフトウェアで制御するデモを行います。
日本の情報処理技術国家資格ITパスポートとは
講座内容
ITパスポート試験は情報技術に関する基礎的な知識を測る国家資格試験です。この国家試験はどんなもか?試験の概要・受験方法、資格のメリットを1時間程度で説明する。また、本校の講義内容との関連なども説明する。

↑ページのトップへ

担当教員: 陳 泓 准教授

≫ プロフィールはこちら

Android スマホのアプリを作ってみよう
講座内容

アプリケーションの作成には一般的にプログラミングという技術が必要で、一朝一夕に身に付くものではありません。本授業ではMITが開発しているApp Inventorという、主にブロックをパズルのように組み合わせるだけでアプリケーションが作成できるシステムを使って、プログラミングを勉強します。この授業によりコンピュータの科学的な概念を理解できるようになり、自分で自分の携帯電話のためのアプリを作ることができるので、情報処理に関する物作りの楽しさが体験できます。プロのプログラマでなくても、モバイルアプリのアイデアがひらめいたら、すぐにでも自分でプログラムが作れます。

(本授業はWindows PCによる演習授業です。)

オープンソースソフトウェアとワードプレス
講座内容

「オープンソースソフトウェア」の利用が広ま っています。「オープンソースソフトウェア」 とは、ソフトウェアのソースコード(プログラム)が公開(オープン)され誰でも無料で利用できるソフトウェアのことです。WordPress(ワードプレス)は、オープンソースのブログソフトウェアで、簡単にブログやCMSを作ることができます。開発は主に世界中のWordPressコミュニティの方々によるボランティアで行われています。本授業WordPressによる自分のブログサイト作成入門を体験してみませんか?その人気の秘密を探検しましょう。体験してみてWordPressコミュニティに魅力を感じたら、日本語化を手伝う開発など、ボランティアに参加しWordPressをさらに良くしていきましょう。

(本授業はWindows PCによる演習授業です。)

↑ページのトップへ

担当教員: 丹野 健一郎 講師

≫ プロフィールはこちら

中国語と日本人
講座内容
中国への留学や中国語学習を希望する高校生向けの入門講義として実施する予定です。現代中国を取り巻く状況や現代中国語を習得するための方法などを紹介しながら、中国語への関心を高めることをめざしたいと考えています。 (本学で対応する講義科目名:「外国語BⅠ」)
大学で学ぶとは何か?――アジアと儒教文化について
講座内容
あなたがイメージする大学とは、どんなところでしょうか?単に勉強するだけの場所でしょうか?それとも、あなたは何かを期待して大学に進学したいのでしょうか?この講義では、上記のテーマに沿って日本人高校生、または在日外国人留学生向けの入門講義として実施する予定です。
(本学で対応する講義科目名:「やさしい哲学」)

↑ページのトップへ

担当教員: 鮑 慎琪 講師

≫ プロフィールはこちら

『コンピュータに命令するには?』
講座内容
コンピュータがいろいろ仕事を行えるのは、コンピュータに適切な命令が与えられているからです。プログラムとプログラム言語の概念をわかりやすく説明し、プログラム言語の歴史、種類を簡易解説します。そして、今よく使われているプログラム言語、特徴を説明します。また、具体的なアプリケーションを紹介します。
『ソフトウエアの仕組み~プログラミングを体験してみよう』
講座内容
身近なスマートフォンをはじめとする電子機器には、さまざまな機能を実現するためにソフトウエアが組み込まれています。ソフトウエアがどうのように作られているのか、Java言語による「数当てゲーム」のプログラミングを例に紹介します。プログラムを動かし、学生がゲームを体験しながら、ソフトウエアの仕組を分かってもらいます。

↑ページのトップへ

担当教員: 鈴木 康治 講師

≫ プロフィールはこちら

お金をめぐる自由と不自由
講座内容
お金があるとだいたいの物は手に入れられます。お金とはこの意味で、人びとの生活に大きな自由をもたらしています。しかしお金がない人は、そうした生活の自由は享受できません。またお金がある人もそれを適切に使えないなら、その自由を享受しているとはいえません。本講義ではお金にまつわる自由と不自由を人間関係という視点から考えます。
金銭の支払いに伴う嫌悪感
講座内容
現代社会では金銭を支払うことで様々な問題を解決することができます。人との付き合いの場面においてもお金がいろいろと活躍します。他方、お金を使う場面を間違えると相手に嫌悪感を与えることとなり、かえって人間関係を壊してしまうことにもなります。本講義では金銭の支払いが人間関係に与える功罪について考えます。
贈り物はなぜ交換されるのか?
講座内容
人から贈り物をもらうと嬉しいものです。また自分から誰かに贈り物をすることも、多くの人にとっては楽しい経験であると思います。贈り物を交換し合うことで人と人とはつながることができます。とはいえそうしたつながりには面倒な側面もあります。本講義では贈り物の交換が人間関係や社会にあたえる影響について考えます。

↑ページのトップへ

担当教員: 平田 昌子 講師

≫ プロフィールはこちら

「誤解はどこから生まれるのか?」
講座内容
グローバル化社会を迎えた今、異なる文化的背景を持つ人々との接触が増え、それと同時に文化的な摩擦も生じるようになりました。自分との共通部分が少ない場合、その摩擦はより大きなものになります。そこで、今、求められているのが異文化理解能力です。本講義では、異文化トレーニングの一環として、「DIE」という方法を採り上げます。
「DIE」とは「Description(知覚)」「Interpretation(解釈)」「Evaluation(評価)」の頭文字を取ったもので、「DIE」を意識することで、異文化理解が促進され、誤解が生じた際にも、解決策を見出すことに繋がるとされています。このようなトレーニングを通して、なぜ誤解が生じるのか、そして、どう対処していくべきなのかを学びます。
気持ちが伝わる日本語
講座内容
「あなたが好き。」、「あなたのことが好き。」どちらを言われたほうが心に響きますか?
「ごめんね。本が汚れちゃった。」「ごめんね。本を汚しちゃった。」気持ちが伝わるのはどちらでしょうか? 本講座では、「伝えたい気持ちをきちんと伝える」をテーマに、文法の正しさだけではなく、聞き手がどのように受け取るのかに焦点を当てた授業を行います。みなさん、自分の気持ちを正確に伝えてみませんか?

↑ページのトップへ